節約術|電気代を節約したいので楽天でんきに申し込んだ結果 年間7000円程節約できそう!

Saving for house, eps 10 vector illustration

こんにちは、うしまるです。

今日はこんな話

うしまる
毎月の固定費見直したい!
電気代少しでも安くならないだろうか…

電力自由化になったけれど…

2016年4月に「電力の自動化」が解禁となりました。

ざっくりいうといままでは九州電力とか東京電力とか地方ごとの電力会社のみが電気を提供していましたが、それが新たに電力事業に参入した会社という選択肢も選べるようになりましたよというものです。

うしまるの場合九州電力さんから電気を供給してもらっているわけですが、最近ふと思うのです。

電気って、電線から来ます。

当たり前の話なのですが、例えば魚を買おうと思ったらこのお店の魚が新鮮とか、ここの魚は鮮度がいまいちとか、ここの魚は安いとかいろいろありますよね

でも、電気は違って、同じ電線で同じ規格で来る以上どこと契約しようが変わりません。

結局同じです。

となると、基本的に新規参入した会社は既存の電力会社よりは何かしらの特典がついて安いんじゃない?

そう思って色々と電力会社を漁ることにしてみました。

 

楽天でんきにしてみた

楽天でんきにしてみた理由

色々新しい電力会社を物色してみた結果、「楽天でんき」にしてみました。

楽天でんきにした理由
  • 楽天カード会員なのでポイントつきそう
  • 楽天で買い物をするのでSPUが0.5倍上がってお得
  • 楽天ポイントで電気代の支払いができる
  • 楽天ポイントで電気代の支払いもできる

完全に楽天経済圏に取り込まれつつありますが、これも少しでもタネ銭を作るため。

浮かせたお金で高配当株式を買い進めていきます。

 

実際のところどのくらい安くなる?

シュミレーションしてみました。

6月の使用電気量は306kWh

一人暮らしで電気代使いすぎな感じですが在宅ワークの影響で家にいることが増えたので昨年より1.5倍の電気代になっています。

契約形態は従量電灯Bで40アンペア契約です。

初年度の付与ポイントがなくても年間9000円ちょっとはお得になりそうですね。

気になる方はぜひ一度シュミレートしてみると良いかもしれません。

1ヶ月の電気代が浮くのはとても大きいです。

 

楽天でんきにして1ヶ月がたった

申込後はどうなる?

楽天でんきの申込みが受理されると電気料金の請求は楽天でんきに切り替わります。

その後は3週間ほどでスマートメーターへの切り替え工事で九州の場合は九電工の人が取替に来てくれました。スマートメーターって何?というところですが、実は楽天でんきに切り替えると専用のページで1時間ごとの使用電気量を見ることができるのです。

ただし、通常のメーターでは計測ができないので取替が終わるまではざっくり計量で表示されて、交換あとのお楽しみになります。

ちなみに実際工事のときは特に停電とかもなくてただ終わるのを待っておくだけといった感じでした。

 

初月はいくら安くなった?

それではさっそく初月について見ていきましょう。

初月の結果は

電気代は425kWhでした。期間は8/6~9/6と在宅業務やお盆休みで家で過ごす時間が多かったので1万円超えてしまいました。楽天ポイントも53ポイントついたみたいですね。

では、実際いくらくらい安くなったのかというと九州電力で同じプランでみつもりを出してみました。

九州電力さんのホームページから試算してみました。支払額は11,384円となり差し引き+649円安くなりました。このくらいな感じで安くなれば年間7000円以上は安くなりそうですね。

少し手続きをするだけで無条件で安くなりますのでぜひ試してみてください。

それでは、今回はこのへんでノシ

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!