節約術|ウォーターサーバーを1人暮らしで3年間使ってみて良かったことと考えたいこと

こんにちは、うしまるです。

この記事では、うしまるが3年間Premium Waterを使用してきて、良かったことと悪かったことについてお話していきます。

電気屋さんやスーパーなどでよく販促しているところを見かけると思いますが、実際に一人暮らしの人にとってどうなんだろうといった方に向けた記事になります。

まずは結論

ウォーターサーバーは自分自身の生活様式に合わせて有効活用したい

そのための判断材料として、うしまるの思う良かったことと考えたいことについて解説していきます。

良かったこと
  • 買い物がお手軽
  • 湯沸かしポッドいらない
  • 氷もいらない
  • おいしい水がいつでも飲める
考えたいこと
  • ウォーターサーバーありきの生活になりがち
  • 水が積み上がってしまうことも
  • 固定費問題

それではさっそくみていきましょう!

ウォーターサーバーを導入したきっかけ

うしまるがウォーターサーバーを導入したきっかけは、長年活躍した冷蔵庫から水漏れが発生し大往生したため、急遽電気屋さんに冷蔵庫を購入しに行ったときでした。

ちょうどその頃、うしまるは人生初の経験をしていたのです。

それは、ギックリ腰

では無かったのですが、ヘルニアのなりかけみたいな形で腰をやってしまいました。しかもテニスでボール拾ったときというかなりしょぼいタイミングで。

それと並行して健康に気を使った天然水がマイブームだったのでもともとはディスカウントストアで水をケース買いしていなのですが、腰の不安もあり同時に申し込むとキャンペーンがなんて言葉に乗せられて試すことにしました。

それが今回お話するPremium Waterになります。

ウォーターサーバーを導入して良かったこと

買い物がお手軽

いままで飲み物を1ヶ月に2度程ケース買いしていたので買い物がかなり大変でした。

車があるからいいものの、車がない人にとっては飲み物を購入するってかなり大変ですよね。

ウォーターサーバーがあると買い物の総量がかなり減るのでその点はかなり良かったです。

 

湯沸かしポッドいらない

ウォーターサーバーは常に温かいというより熱湯を蓄えていてくれているので、ラーメン食べたいとか温かいコーヒーをさくっと作りたいといった時にすぐお湯が出てきます。

ですので、ウォーターサーバーを導入してからは湯沸かしポッドは要らなくなりました。

もちろんお湯を一から沸かすなんてこともしなくていいので時短にもなります。

 

氷もいらない

ウォーターサーバーから出てくる水は冷やされているものも出てきます。

冷蔵庫でいちいち氷を作っておかなくても冷たい水がすぐ飲めます。

夏場なんかはとくにいいですね

この影響でうしまるの場合は新しい冷蔵庫であまり氷を作っていませんでした。

あえているとすれば焼酎を割るときくらいでしょうか…

 

おいしい水がいつでも

Premium Waterは全国のお水の美味しいエリアから水をパッケージングして配送されてきます。

九州でいえば、南阿蘇でとれたお水が基本配送されてきます。くまもんのパッケージで届いてかわいいです。

他にも島根の金城や富士山、北アルプスから非加熱処理でこだわりのお水が配送されます。

そういう意味では美味しいお水がすぐ飲もうと思ったら理想の形で飲めるのはウォーターサーバーならではかと思います。

気になった方はリンクを貼っていますので確認してみてください。

 

ウォーターサーバーを導入する前に考えたいこと

ウォーターサーバーありきの生活になりがち

一人暮らしでウォーターサーバーを導入すると便利な反面、ウォーターサーバーありきの生活になりやすいです。

というのも基本的には1ヶ月で24リットル配達されるのですが、普通にしてるとたぶん飲みきれないです。

そのため、いつしかいかに効率よく消化していくかとか、お湯をたくさん使いそうなうどんとかラーメン作ろうとか水を使うためにこうしようああしようといった発送になってしまうので注意が必要です。

 

水が積み上がってしまうことも

プレミアムウォーターでは、アプリを使って1回休みというのができます。

つまり、2ヶ月に1度の配送に実質することができるわけです。

しかし、毎月届いた直後に次の分を設定しておかないと結局次の月に配送が来た瞬間に延長申請忘れてたなんてことが何度かありました。

もちろんそのときはくまもんのダンボールが積み上がってしまうわけです。

 

固定費問題

プレミアムウォーターは競合するウォーターサーバーの中では良心的な価格設定ですが、やはり水の配送月は4000円近いコストになります。

他にも、サーバーが故障したとき新しい機種に交換してくれる安心パックというのをつけていますが、それも毎月600円程かかるので合わせてほぼ5000円近い出費となります。

またざっくりとはなりますが、だいたいウォーターサーバーを1ヶ月運用すると1000円くらいの電気代もかかります。

そのためトータルで6000円くらいの出費が毎月かかることを考慮する必要があります。

 

まとめ

ウォーターサーバーを導入した3年間での良かったところと考えたいところについて紹介しました。

うしまる的には3年間使ってみて買い物も楽だったし、お水も飽きも来ずに飲めたし導入してよかったと思います。

車がなくて重いものがちょっととか、なかなかこのコロナのご時世買い物に頻繁にいくのも大変な方にはおすすめです。

逆に一人暮らしの方や固定費が気になる方はよく検討されたほうがよいでしょう。

<スポンサーリンク>

 

 

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!