つみたてNISA口座を開設するまで

こんにちは、うしまるです。
今回は「つみたてNISA口座を開設するまで」についてお話します

つみたてNISAって何?

つみたてNISAは2018年1月から始まりました

目次
1.つみたてNISAの対象者は?
2.つみたてNISAのメリットは?
3.何に投資できるの?
4.どこで口座開設できるの?
5.どんな商品を購入する?

1.つみたてNISAの対象者は?

つみたてNISAの対象となる人は
20歳以上の日本在住の方なら誰でも
口座を開設することが可能です

私みたいな投資経験の少ない人や
日頃投資に時間を割くことができない人が
長期で運用していけるような仕組みと
なっています

2.非課税のメリットについて

株や投資信託は通常
儲けがでると約20%が税金でとられます

10万円儲けがあったら
ざっくり2万円とられるイメージです

つみたてNISAなら非課税期間中に
売却したり配当金を受け取ったときの
もうけが全額受け取れます

期間は最大20年間
今年購入した投資信託は
2040年まで非課税で儲けを受け取れます

3.投資対象は?

投資対象は
国が定めた基準を満たした
投資信託商品のみとなります

投資信託とは
私達のようなお金を出す人たちから
お金を集めて運用の専門家の人が
まとまった額で運用しその利益を
また私達に還元してくれる金融商品です

投資信託には様々な種類がありますが
つみたてNISAの対象となる投資信託の条件は
金融庁のWebサイトより以下の条件と定められています

○株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
・販売手数料はゼロ(ノーロード)
・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・信託契約期間が無期限または20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
参考サイト-つみたてNISAの概要(金融庁)

4.どこで口座を開設できるの?

銀行やネット証券会社などで開設することができます
私はSBI証券で始めてみました!

口座開設までのおおまかな流れ
1.口座開設先の銀行やネット証券を選ぶ
2.手順に沿って申し込み手続きをする
3.税務署から内容確認通知が来る
4.金融機関から開設完了通知が来る
5.ログインして投資生活開始!!

銀行やネット証券会社などで開設することができます
まずは口座開設したい金融機関で申込書を取り寄せます
そして、必要書類を記入して提出します
税務署から申請内容の確認通知が来ます

5.どんな商品を購入する?

私は色々調べた結果米国株へ投資しています
いまはS&P500と全米、NASDAQを対象とした
投資信託を中心につみたてをしています

現在うしまるが積み立てている銘柄はこちらを御覧ください

2020年からはじめるつみたてNISA

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!