ソーシャルレンディング|お金を貸すという稼ぎ方をはじめてみた

こんにちは、うしまるです

最近株式関係の話題がひっきりなしですがそれとは別にソーシャルレンディングというものを始めてみましたので今回はそのお話をします。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、簡単にいうと個人が企業へお金を貸すことができる投資商品です。

インターネット上で投資先ファンドの募集を行い、投資したい出資先を選択の後成立すれば、ファンド会社が代わりに出資先へお金を貸し付け予定期限を過ぎたときには利息と投資資金が回収される仕組みとなっています

また募集金額が1口1万円からと少額で初めることができ、利率も年率3%~10数%のものまで幅広く存在します

メリットは株式のような値段変動が無く事前提示された利率の利益を得ることができる点

デメリットは貸付先が何らかの理由で返済不可になってしまった場合に元本が戻ってこない可能性があります

ここが最大のデメリットですが、変なところや高リスクのものを選択しなければ2020年3月時点ではほぼ100%の確率で投資額+利益を受け取れる形となっているようです

ただし気をつけておかないといけないのが昨今のコロナショックに伴う景気悪化についてで、貸付対象先の経営状況によっては貸し倒れのリスクが高まりそうなのでどこに投資するのかは各個人で入念に精査する必要があります

試してみた

投資商品から利益を享受する仕組みは2通りあります。

キャピタルゲインといって資産価値が上昇することで得られる利益

そしてもう一つがインカムゲインで資産を持っていることで得られる利益になります。

色々調べた結果両方に向けて資産を配分されている方も散見されますのでつみたてNISAをキャピタルゲイン、そしてインカムゲインとしてクラウドバンクにて投資を始めてみました

まずは1ヶ月間運用された成績がこちら

クラウドバンク投資1ヶ月目の運用結果

投資額が1万円
配当金が12円
税金が引かれて+10円でした

想定利回りが6.6%だったので55円くらい毎月入ってくるはずでしたがこんなものなんですかね?

それとも何か計算方法が異なるのかもしれませんが引き続き見守っていこうと思います。

クラウドバンク 口座開設プロモーション

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す