Python|繰り返し(for)について学ぼう

特定の処理を繰り返し実行したいときは繰り返し用の命令文を使用します

Pythonでは繰り返しの命令文の一つとしてwhile文for文が用意されています

while文についてはこちらの記事を確認ください

このページでは、for文について解説していきます

for文とは?

for文の基本

for アイテム in シーケンス:
 処理

Pythonで使用するfor文は、ほかの言語と異なりシーケンスに分類されるリスト、タプル、ディクショナリ、セット、文字列を繰り返し処理するために使用します

ほかの言語では条件を指定することができるのですがそのような使用方法をfor文ではすることができず、その場合はwhileを使用することになります

for文を使用するとリストやタプルなどに格納されている項目を1つずつ取り出してfor文のブロック内で処理を実施することができます

対象となるシーケンスがすべて読み出し終わるか、break文によってfor文の処理を抜けることができます

forの使い方

シーケンスをすべて読み込む場合

まずは、シーケンスをすべて読み込む場合についてみていきましょう

シーケンスで実行する

for アイテム in シーケンス:
 処理

シーケンスをすべて読み込む場合は間にbreak文を挟まない形で実行すると実現できます

コード例はこちら

fish = ["medaka", "kingyo", "koi"]

for fishName in fish:
  print(fishName)

では動かしてみましょう

for文はシーケンスと呼ばれる リスト、タプル、ディクショナリ、セット、文字列などを事前に用意しておき、その中の項目をひとつひとつ処理していくときに使用します

break文を挟まなければシーケンスの最初の項目から順番に実行されすべて呼び出しが完了するとfor文のブロックを抜けます

break文で終了する場合

処理の途中で特定の条件によりシーケンスの読み込みを終了したい場合はif文を使った条件分岐を利用します

break文で終了する

for アイテム in シーケンス:
 if 条件式: 
  処理

  break

コード例はこちら

fish = ["medaka", "kingyo", "koi"]

for fishName in fish:
  print(fishName)

  if fishName == "medaka":
    break

では、動かしてみましょう

条件式を利用することでシーケンスの中に含まれている特定の項目に限定した処理を実行したり、検索したい用語などが見つかったときに利用します

実際は検索系での利用が中心になるかと思います

break文で抜けるとfor文のシーケンス読み込みは途中で終了し以降の処理は実行できなくなるため注意が必要です

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!