Python|データ型について学ぼう

Pythonには組み込みデータ型というものがあります

プログラミング言語全般についてデータ型というのは重要な概念になります

人間は、文字や数値など瞬時に判断することができますがパソコンはデータ自体をどのように扱うのか自身では十分に判断できないことがあるためプログラミングをする人がデータについて気遣ってあげる必要があります

特にPythonではデータ型の指定がなく、変数だけを定義しても異なる型のデータを格納できたりします

Pythonではデフォルトで下のようなカテゴリのデータ型があります

データジャンルデータ型
テキスト型str
数値型int, float, complex
シーケンス型list, tuple, range
マッピング型dict
セット型set, frozenset
ブール型bool
バイナリ型bytes、bytearray、memoryview
データ型一覧

データ型の調べ方

type関数を使うことで変数のデータ型が何であるかを調べることができます

x = 5
print(type(x))

では、実際に動かしてみましょう

変数xに整数5を設定したことで変数のデータ型は整数型となります

type関数を使用することでデータ型が整数型であることも実行結果でわかりました

データ型の設定方法

ここからはそれぞれのデータ型の設定方法をみていきましょう

Pythonではデータ型の宣言がないため、型に合わせた初期値を設定することで変数のデータ型が何であるかを指定することができます

データ型
x = “Hello World”str
x = 20int
x = 20.5float
x = 1jcomplex
x = [” Peache”, “Grape”, “Apple”]list
x = (” Peache”, “Grape”, “Apple”)tuple
x = range(6)range
x = {“name” : “usimaru”, “age” : 25}dict
x = {“Peache”, “Grape”, “Apple”}set
x = frozenset({“Peache”, “Grape”, “Apple”})frozenset
x = Truebool
x = b”Hello”bytes
x = bytearray(5)bytearray
x = memoryview(bytes(5))memoryview

データ型の変更方法

Pythonでは変数のデータ型を自由に変更できます

ただし一度変数のデータ型が確定してしまうとそのままでは違うデータ型を設定することはできません

ここからは、データ型を変更したいもしくは明示的にデータ型を設定する場合の方法を紹介していきたいと思います

変更予定のデータ型
x = str(“Hello World”)str
x = int(20)int
x = float(20.5)float
x = complex(1j)complex
x = list((“Peache”, “Grape”, “Apple”))list
x = tuple((“Peache”, “Grape”, “Apple”))tuple
x = range(6)range
x = dict(name=”John”, age=36)dict
x = set((“Peache”, “Grape”, “Apple”))set
x = frozenset((“Peache”, “Grape”, “Apple”))frozenset
x = bool(5)bool
x = bytes(5)bytes
x = bytearray(5)bytearray
x = memoryview(bytes(5))memoryview
記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!