Python|オペレータについて学ぼう

オペレータとは

オペレータとは演算子のことです

演算子は、変数や値に対して演算を行うために使用します

もっともよく見るものは四則演算ですね

print(10 + 5) 

四則演算についてはこちらのページでも取り扱っていますのであわせて確認してみてください

オペレータの種類

Pythonで使用できるオペレータの種類は下の一覧の演算子になります

ここからはそれぞれの演算子について確認していきます

オペレータの種類

・算術演算子
・代入演算子
・比較演算子
・論理演算子
・識別演算子
・メンバーシップ演算子
・ビット演算子

算術演算子

算術演算子は、プログラム言語で用いられる演算子のうち、四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)などの数学的な計算を行うための演算子になります

オペレータ名称
+加算(足し算)a + b
減算(引き算)a – b
*乗算(掛け算)a * b
/除算(割り算)a / b
%剰余a % b
**累乗a ** b
//切り捨て除算a // b
Pythonの算術演算子一覧

代入演算子

代入演算子は、変数に対してなにか値を代入するための演算子になります

Pythonにおける変数は定義した時点では何も型が決められておらず、代入する値の型によって決定されます

変数についてはこちらの記事で解説していますので合わせて確認してみてください

代入は代入演算子の右辺側から左辺側へ値を設定するという意味になります

変数と型についてはこちらの記事で解説していますので合わせて確認してみてください

オペレータ類似例
=x = 5
+=x += 3x = x + 3
-=x -= 3 x = x – 3
*=x *= 3 x = x * 3
/=x /= 3x = x / 3
%=x %= 3x = x % 3
//=x //= 3x = x // 3
**=x **= 3x = x ** 3
&=x &= 3x = x & 3
|=x |= 3x = x | 3
^=x ^= 3x = x ^ 3
>>=x >>= 3x = x >> 3
<<=x <<= 3x = x << 3
Pythonの代入演算子一覧

比較演算子

比較演算子は、演算子を挟んだ両辺の関係性を判別するために利用します

両辺は変数であったり式であったりし結果はTrue or Falseにて得られます

TrueやFalseを扱ったものでこちらの記事も合わせて確認してみてください

オペレータ名称
==イコールx == y
!=ノットイコールx != y
>より大きいx > y
<より小さいx < y
>=以上x >= y
<=以下x <= y
Pythonの比較演算子一覧

論理演算子

論理演算子は、条件文は組み合わせるために使われます

論理演算子の左右の式をそれぞれステートメントと呼びます

オペレータ名称
and両方のステートメントが真(True)であれば真(True)x < 5 and x < 10
orどちらかのステートメントが真(True)であれば真(True)x < 5 or x < 4
not真(True)と偽(False)の結果を逆転させるnot(x < 5 and x < 10)
Pythonの論理演算子一覧

not演算子は()でかこったステートメントの結果を判定させます
A and B の判定結果が真(True)のときnotをつけると偽(False)となります

識別演算子

識別演算子は、オブジェクトを比較する際に、それらが等しいかどうかではなく、実際に同じオブジェクトであり、同じメモリ位置にあるかどうかを判断するために使用されます

オペレータ名称
is両方の変数が同じオブジェクトであれば真(True)x is y
is not両方の変数が同じオブジェクトでない場合は真(True)x is not y
Pythonの識別演算子一覧

メンバーシップ演算子

メンバーシップ演算子は、あるシーケンスがオブジェクトに提示されているかどうかをテストするために使用します

オペレータ名称
in指定した値のシーケンスがオブジェクト内に存在する場合はTruex in y
not in指定した値のシーケンスがオブジェクトに存在しない場合はtruex not in y
Pythonのメンバーシップ演算子一覧

ビット演算子

ビット演算子は、2進数の比較に使用します

2進数をプログラム上では、ビット単位として扱います

主に組み込み系でメモリを厳密に扱う場合に利用することが多いのでPythonではあまり利用しないかもしれません

オペレータ名称補足説明
&AND両方のビットが1の場合、各ビットを1にする
|OR2つのビットのうち1つが1の場合、各ビットを1にする
^XOR2つのビットのうち1つだけが1の場合、各ビットを1にする
~NOTすべてのビットを反転させる
<<Zero fill left shift右からゼロを押し込んで左にシフトし、左端のビットを落としていく
>Signed right shift左端のビットのコピーを左から押し込むようにして右にシフトし、右端のビットを落としていく
Pythonのビット演算子一覧

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!