Python|マッピング(辞書)型について学ぼう

Pythonで複数のデータをまとめて扱う方法の1つとしてマッピング型(dict)というものがあります

辞書型といったりもします

このページではそんなマッピング型の基本について解説していきます

他にも関連記事で紹介しているので合わせて確認してみてください

マッピング型とは?

Pythonで複数のデータ値を扱う方法としてマッピング型というものがあります

マッピング型とは、データ値をkey(キー)value(値)のペアで保持します

そのため、まとまったデータ値の中から特定のデータを検索したり、編集・削除などを行うことができます

まずはマッピング型の基本形をみてみましょう

辞書型の基本

マッピング(辞書)型変数 = {キー1:値1, キー2:値2, キー3:値3, ….}

マッピング(辞書)型変数 = dict(キー1=値1, キー2=値2, キー3=値3)

Key(キー)value(値)のセットを変数へ登録することで使用できるようになります

もちろん何も設定しない場合はマッピング(辞書)型変数として扱われます

マッピング(辞書)型の基本的な使い方

マッピング(辞書)型を作成してみよう

まずはマッピング(辞書)型の変数を作成してみましょう

マッピング(辞書) 型の変数を作成する場合は、辞書型の基本の通り{}を使用して作成していきます

では、さっそく作ってみましょう

mydictionary =	{  "a": "apple",  "b": "banana",  "c": "cherry"}

またdict()を使用することでマッピング型変数を作成することもできます

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")

同じ結果が得られました

もちろん何も設定せずに{}dict()のみを使用すると空のマッピング(辞書)型の変数を作成することもできます

マッピング(辞書)型はキーで順番付けがされています
そのため、同じキーを登録することはできないので注意しましょう

マッピング(辞書)型からデータを取得する

マッピング(辞書)型の変数からデータを取得する方法についてみていきましょう

予めキーがわかっている場合は

データ取得の基本

マッピング型変数[取得したいキー]

では実際に動かしてみましょう

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")

キーa紐づく値appleが取得できました

もしマッピング型に存在しないキーで呼び出そうとするとエラーになります

マッピング(辞書)型に特定のデータがあるか確認する

一つ前の章で予めキーがわかっている場合はマッピング(辞書)型からデータが取得できる例を紹介しました

しかし、もし読み込みたいキーがわからない場合やマッピング(辞書)型に格納されていない場合があります

そのままだとエラーになってしまうのでそういった場合は、事前に取得したいキーがマッピング(辞書)型が存在するかどうか確認する方法を紹介します

キーがあるかどうか確認する方法

確認結果 = 確認したいキー in 確認したいマッピング(辞書)型

確認結果には、確認したいキーが確認対象のマッピング(辞書)型が存在するかどうかをbool型で返却します

キーが存在する場合True

キーが存在しない場合False

が返却されます

では、実際に動かしてみましょう

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")
result1 = 'a' in mydictionary
result2 = 'd' in mydictionary

キー’a’は、mydictionaryの中に含まれているのでTrue

キー’d’は、 mydictionaryの中に含まれていないのでFalseとなります

逆に先頭にnotをつけると、検索したいキーが含まれていないことを確認することもできます

キーが含まれていないことを確認する

確認結果 = not 確認したいキー in 確認したいマッピング(辞書)型

このときは、

キーが存在しない場合は、True

キーが存在する場合は、False

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")
result1 = not 'a' in mydictionary
result2 = not 'd' in mydictionary

キー’a’は、mydictionaryの中に含まれているのでFalse

キー’d’は、 mydictionaryの中に含まれていないのでTrueとなります

マッピング(辞書)型の特定のキーの値を編集する

特定のキーに登録されている値を変更する方法について紹介します

特定のキーの値を編集する方法

マッピング(辞書)型[編集したいキー] = 変更後の値

では実際に動かしてみましょう

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")
print(mydictionary['a'])
mydictionary['a'] = "avocado"
print(mydictionary['a'])

キーaの中身がappleからavocadoに変更されました

マッピング(辞書)型の特定のキーを削除する

特定のキーの値を削除する方法について紹介します

特定のキーの値を削除する方法

del マッピング(辞書)型[編集したいキー]

では実際に動かしてみましょう

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")
del mydictionary['a']

キーaを指定して削除してみました

実際にマッピング(辞書)型変数mydictionaryから削除されました

マッピング(辞書)型の中身をすべて削除する

続いてマッピング(辞書)型の中身をすべて削除する方法について紹介します

中身をすべて削除する方法

マッピング(辞書)型変数.clear()

では、実際に動かしてみましょう

mydictionary =	dict(a = "apple",  b = "banana",  c = "cherry")
mydictionary.clear()

マッピング(辞書)型変数mydictionaryになることが確認できました

記事が参考になったり、気に入ってもらえたら
ポチッとしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Pythonへ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ

シェアしてもらえるとうれしいです!

コメントを残す

ABOUT US

usimaru
福岡でWindowsアプリケーション開発のお仕事してます。 お金に縛られない生活を目指して日々学んだことをOUTPUTしていきます。 主なテーマ ◆仕事経験から:AWS/Azure/C++/C#/Python/Ruby ◆資産形成に向けて:つみたてNISA/米国株/日本株/仮想通貨/ソーシャルレンディング ◆好きなこと:旅行/温泉/美味しいもの/布団の中 ◆目標:ブログを毎日更新目指します!